小河内の鹿島踊り
 鹿島踊りは奥多摩町における代表的な民俗芸能で、昭和55年に国指定文化財に選ばれています。
 この鹿島踊りは、小河内ダム建設で湖底に沈んだ小河内の日指、岫沢、南三集落の氏神加茂神社及び御霊社の祭礼、旧6月15日の祗園祭に行われたもので「祗園踊り」とも呼ばれていました。
 小河内ダムによる水没以後は、毎年9月15日小河内神社で行われていましたが、現在は9月の第2日曜日に行われています。
 小河内の鹿島踊りは、若衆が女装して踊るもので、これは小河内独特のものとされていますが、この踊りがいつごろから小河内ではじめられたかは不明です。一説では、京都から公卿の落人が岫沢に来て隠れ住んでいて、村人に教えたともいわれ、また、旅僧が教えたともいわれています。
 鹿島踊りは関東や伊豆方面でも多く行われていますが、小河内のものはこれらとは異色の風流形で、古歌舞伎踊りの遺風を留めており、これに類するものは新潟県柏崎市女谷の「綾子舞」、静岡県徳山の「ヒーヤイ踊り」だけのようです。
 他に小河内の郷土芸能として獅子舞(原、坂本、川野、峰の4地区)があります。