登 山 情 報  (移り変わる季節の情報が主となりますa。少しでも山行計画の参考になれば幸いです。※コースは地図等を参考にしてください)

2017/02/15 三頭山 コース:都民の森(10:00)→[三頭沢]→三頭山(11:20)→[ブナの路]→鞘口峠→都民の森(12:20)
          天候:晴 残雪は三頭沢沿いや日陰の斜面を主に10cm前後、南斜面や尾根通しでは土の出ている場所もかなり見られる。
          三頭大滝は全面氷結の上に雪が乗る。全域よく踏まれ、アチコチでアイスバーンとなる。今日は気温が上がり、雪解けで水溜まりあり。

三頭大滝:全面氷結の上に雪が乗る 三頭沢:残雪は10cm位、踏み固まる ムシカリ峠上の尾根通し:土が出る 尾根通し:雪解けで水溜まりあり
三頭山頂:10cm位、一部土も出る 山頂から見る富士山:一部雲湧く 東面・ブナの路のブナ林:一部土出る 鞘口峠上の急斜面:薄雪だが滑る

2018/02/14 青梅丘陵 コース:宮ノ平駅(11:25)→矢倉台→[ハイキングコース]→裏宿(⇔永山第一休憩所(12:25))→宮ノ平駅(13:15)
          天候:晴 雪は北斜面の一部にごく僅かに残る程度。ハイキングコースはほぼ全域で乾いている。今日は春のような陽気。
          アセビは咲き始めた株を見る。ヤブツバキは花の盛りを過ぎた感じ。

宮ノ平からのハイキングコース:道は乾燥 矢倉台:冬木立 永山周辺のハイキングコース:道は乾燥 北斜面:部分的に微かに雪が残る
矢倉台から見る大岳山:山肌は白い 永山公園上から見る富士山 ヤブツバキ:花は盛りを過ぎた感じ アセビ:早い株は咲き始め

2018/02/12 奈良倉山 コース:鶴峠(9:50)→奈良倉山(10:55)→[南面林道]→松姫峠→[奈良倉山北面巻き道]→鶴峠(12:35)
          天候:晴 登山口周辺では土の見える所もあるが、北斜面は雪多く中腹より上は20cmを越える。南面や林道は10cm前後。
          奈良倉山北面の雪は30cmを越え、斜面のトラバース道は雪で道形は分かりにくく歩くには気を使う。

鶴峠登山口周辺:薄雪、土も見える 下部伐採地と三頭山:雪は10cm位 奈良倉山頂下北面:雪は20cm超 奈良倉山頂:雪は10cm前後
展望所から見る富士山:裾野だけ 松姫峠周辺の林道:10cm、轍あり 奈良倉山北面巻道:30cm超 獣の足跡:鹿を初め雪面は足跡多い
下部伐採地から見る石尾根:左端は雲取山、右端は鷹ノ巣山。南面の山肌には雪はあまり見えない
林道から見る大菩薩連嶺:北面の山肌は白い

2018/02/10 城山 コース:海沢(9:35)→[林道]→海沢園地(⇔海沢三滝)→大楢峠→城山(12:15)→鳩ノ巣駅(12:50)
          天候:晴 残雪は場所により異なるが多い所で10cm強。林道や尾根筋でも日当たりでは雪は融けて土が出ている。
          林道は轍を主にツルツル、また城山から鳩ノ巣にかけては急斜面が連続し、薄雪の上に踏み跡で相当滑りやすい。

海沢林道:ツルツルの林道と雪の谷 海沢園地:吹溜まりがあり10cm超 大楢峠までの林道:日当たりは雪なし 大楢峠:植林帯の中で雪は5cm位
大楢峠先の尾根通し:踏まれている 海沢・上坂との分岐:雪はない 城山山頂:雪は10cmくらい 城山への急斜面の下り:滑りやすい

2018/02/08 麻生山-日の出山 コース:白岩滝BS(10:10)→白岩ノ滝→麻生山→日の出山(12:05)→顎掛岩→三ツ沢(12:55)
          天候:晴後曇 下部は5-10cm位、上部は20cm位ある所もあるが、日の出山頂南面を含め日当たりでは土の出ている所もある。
          麻生山頂や北斜面では20cm位ある所もあるが、全域でよく踏まれ、下部の日陰や日の出山周辺ではアイスバーンの所が多い。

白岩ノ滝入口:雪は10cm前後 白岩ノ滝:所々氷結 麻生山下の伐採地:20cm位ある 麻生山頂:ここも10cm、展望良し
麻生山頂から見る日光連山
日の出山下から麻生山と尾根を見る 日の出山周辺:アイスバーンが多い 日の出山頂:10cm位、南面は土 顎掛岩周辺:雪は消えている

2018/02/06 三室山 コース:青梅市・柚木(10:15)→愛宕神社→奥の院(愛宕山)→三室山(11:35)→梅野木峠→[筑瀬尾根]→柚木(13:15)
          天候:晴 登山口周辺には雪はなく出てくるのは中腹周辺から。中腹より上は2-5cmくらい、ただ筑瀬尾根上部は20cm位はある。
          全域で踏まれ三室山から筑瀬尾根分岐への尾根通しはアイスバーンの箇所が多い。筑瀬尾根上部は適度に踏まれ歩きやすい。

登山口の愛宕神社:雪はない 登山道下部の植林帯:雪はない 愛宕山頂:神社脇には10cmの雪 三室山頂:雪は10cm、東面は開ける
梅野木峠:雪はない、正面は麻生山 尾根通し:よく踏まれアイスバーン 筑瀬尾根上部:20cm、トレースしっかり 筑瀬尾根中腹の伐採地:雪はない
梅野木峠周辺から見る丹沢山塊:左隅・大山、中央から右にかけて丹沢主稜、右隅・蛭ヶ岳

2018/02/04  御前山 コース:栃寄沢入口(9:25)→[栃寄沢]→御前山(11:35)→惣岳山→メグスリノキ広場→栃寄→栃寄沢入口(13:05)
          天候:曇時々晴 雪は栃寄沢入口周辺で20cm強、上部から御前山では30cm位。栃寄コース入口周辺の谷筋は50cmを越える。
          トラースがあるのはメインルートのみ、栃寄沢はまだデコボコの所も多い。御前〜惣岳山の間はトレースしっかり。栃寄コースは踏まれていない。


【画像をクリックで拡大】
栃寄沢入口周辺:雪の谷、20cm強 栃寄沢中腹の大カツラとイタヤカエデ 御前山頂:雪は30cmくらい 山頂周辺から見る鷹ノ巣山と石尾根
御前山頂下:吹き溜まりは30cm強 惣岳山頂:ここも雪は30cmくらい 栃寄への下りしな:谷筋は50cmある 栃寄コース下部:まだ木々には着雪

2018/02/03 雷電山 コース:軍畑駅(9:25)→榎峠→雷電山→三方山(10:55)→鷹ノ巣山→[林道]→石神前駅→[海禅寺通り]→軍畑駅(12:20)
          天候:晴 雪は場所により異なり、伐採地周辺では20cmくらい、植林帯の中は少なく数cm、土の出ている場所もある。
          日中は気温が上がり、木々からの雪解けの雫で雨の様相。日当たりの尾根筋では融けて一部グチャグチャの所あり。

榎峠登山道入口:一部土も出る 植林帯の急登:雪は数cm 雷電山頂:植林帯中、雪は10cm位 尾根通しの伐採地:所により20cm
尾根通しから見る大岳山から御岳山 三方山周辺の伐採地:20cm位 鷹ノ巣山周辺:薄雪となる ニホンジカの足跡:この山域でも見る

2018/02/02 愛宕山 コース:昭和橋(10:25)→愛宕山(10:45)→登計園地→[林道]→登計集落→[愛宕山上段→下段歩道]→昭和橋(11:20)
          天候:小雪・曇 昨日からの雪は多い所では20cm弱、植林帯の中は少なく5-10cmくらい。踏み跡はないが歩くに大きな支障はない。
          常緑樹の葉には雪が乗り、低木は登山道に被る箇所あり。


【画像をクリックで拡大】
登山口周辺:雪の低木が道に被る 愛宕園地周辺:木々の幹も着雪 上部急傾斜の階段:雪は5cmくらい 山頂の尾根通し:雪のトンネルの様相
登計林道:雪の重みで項垂れる 登計林道から見る集落と白い山肌 上段歩道:植林帯の中で雪は5cm 下段歩道の谷筋:木々の幹も着雪

2018/02/01 高水三山 コース:軍畑駅(9:50)→高水山→岩茸石山(11:30)→惣岳山→[沢井尾根]→御岳駅→[歩道]→軍畑駅(13:20)
          天候:曇・小雪 雪は場所により異なるが多い所で10cmくらい。本日は小雪模様で土の出ている部分はうっすらと新雪が積もる。
          平溝から惣岳山間はよく踏まれアイスバーンもそれなりにある。沢井尾根もトレースはしっかりしているがアイスバーンにはなっていない。

平溝登山道入口:土も見える 樹林帯の登山道:薄雪 高水山頂:うっすら新雪が乗る 岩茸石山:雪は10cm、よく踏まれる
山頂から見る高水山方面:小雪降る 惣岳山巻き道:10cm位、トレースあり ロウバイ:平溝周辺で花の盛り間近 アセビ:葉にはうっすら新雪が乗る