春・芽吹きの年による変化
(場所:日原本谷林道終点付近から石尾根方向を見る)

 木々の芽吹きも年により随分差が出ます。
 撮影場所は日原林道の奥で、標高は800〜1500m位までを望めます。
 この周辺は例年5月初旬に芽吹きを迎えます。
 1998年は、4月中下旬にこの時期としてはものすごく暖かい日が何日か続き、木々も一気に芽吹き4月末には鮮やかな新緑となりました。他の年は似たり寄ったりで5月に入り、木々が芽吹き始めました。2002年以降の芽吹きは平均早くなっています。
 2002年以降は4/29日の比較になりますが、2004年までの3年間はそれ以前の5/5と緑の進み具合はほぼ同じです。2005年はここ数年では緑の進みが少し遅いようです。

1996年(05/03) 1997年(05/04) 1998年(04/29)
1999年(05/05) 2000年(05/06) 2001年(05/05)
2002年(04/29) 2003年(04/29) 2004年(04/29)
2005年(04/29) 2006年(05/04) 2007年(04/29)
2008年(04/30) 2009年(04/24) 2010年(04/26)
2011年(04/29) 2012年(04/29) 2013年(04/29)
2014年(04/28) 2015年(04/29) 2016年(04/30)
2017年(04/30) 2018年(04/29) 2019年(04/29)