------ 2016/01 -----
 ----- 登 山 情 報 -----
01/01(金) 笠取山 コース:作場平橋(9:30)→[ヤブ沢]→笠取山(11:05)→水干→笠取小屋→[一休坂]→作場平橋(13:15)
※天候:快晴 雪は笠取草原周辺の北向き斜面でかすかに見る程度で大半は乾いている。一ノ瀬林道も全域で乾いた道。笠取山頂周辺の尾根通しのシャクナゲは枯れた株を点々と見る。水干沢やヤブ沢では今年も氷の造形をアチコチで見る。
一ノ瀬林道:全域乾燥 作場平登山口:雪は無いが霜柱 作場平付近の水干沢:アチコチで氷結 ヤブ沢十字路:道は乾いている
笠取草原:雪は部分的でかすか 小さな分水嶺から見る富士山 直下から見る笠取山:雪は吹き溜り 笠取山頂から見る草原帯

【画像をクリックで拡大】
笠取山頂から見る初日と初富士 山頂の尾根筋:枯れたシャクナゲも見る 水神社:急斜面に立てられている 一休坂中腹の樹林帯:冬木立
笠取山頂から見る富士山と南アルプス
01/02(土) 青梅丘陵 コース:宮ノ平駅(14:40)→日向和田駅からの道に合流→矢倉台(15:15)→[尾根通し]→青梅・裏宿→青梅駅(15:50)
※天候:晴 全域乾燥。尾根通しに点々とある雑木林は葉を落とし市街地を見ながら歩く。
登山口周辺:植林帯の急登 矢倉台:疎林で展望に恵まれる 尾根通しの雑木林:市街地が見える 裏宿口周辺:葉を落としきっていない
矢倉台からは富士山が頭だけ見える 矢倉台から見る青梅市街地 市街地の奥にはスカイツリーも見える マユミ:まだ結実を見る
01/03(日) 御岳山 コース:寸庭(9:20)→金比羅山→[鉄五郎新道]→大塚山→御岳山(11:35)→ロックガーデン→[丹三郎尾根]→古里駅(13:55)
※天候:曇 三ガ日の初詣客で御岳参道周辺は賑やかだが、一歩外れれば急に静かになる。全域で道は乾燥。落ち葉溜まりも少しある。ロックガーデンでは氷結は全く見ない。綾広の滝も氷結なし。御岳山ケーブル山頂駅周辺ではロウバイが早や咲き始めた株も見る。
金比羅山頂:狭い山頂に神社建つ 大塚山頂:落葉の奥に大岳山を見る 御岳山リフト山頂周辺 御岳山リフト山頂から見る市街地
御岳山参道:初詣客で賑やか ロックガーデン:氷結は全く見ない 綾広の滝:ここも氷結はなし 丹三郎尾根上部:落ち葉溜まりあり
イイギリ:真っ赤な結実を見る アズマヤマアザミ:綿毛 カシワバハグマ:もう一つの華 アキノキリンソウ:綿毛

【画像をクリックで拡大】
アキノキリンソウ:咲き残りも見る フユザクラ:御岳神社周辺で散見 ロウバイ:早や咲き始めた株を見る カントウカンアオイ:こちらも花を見る
01/04(月) 黒川鶏冠山 コース:落合(9:50)→横手山峠→黒川山→鶏冠山(11:25)→[鶏冠山北面道]→落合(12:40)
※天候:快晴 この山域も全域で雪はなく、道はほぼ乾燥。ただ、落合登山口から横手山峠間は北面となり霜柱で道はザクザク。落合登山口周辺の植林帯は大規模に伐採中、かなり明るくなっている。今日も好転で黒川山見晴台からは南アルプスを一望。
落合登山口周辺:大規模伐採中 登山道中腹:冬木立で明るい 黒川山見晴台:展望良い岩場の頭 鶏冠山山頂:岩の狭い山頂
鶏冠山から見る富士山、左は大菩薩 鶏冠山から見る雲取山:雪は見ない ウソ:小群れて行動 霜柱:北向き斜面で発達
黒川山見晴台からは南アルプスが一望できる:右端・甲斐駒は雪が少ない
01/08(金) 三頭山 コース:山のふるさと村(9:05)→[鞘口沢]→鞘口峠→[三頭沢]→三頭山(11:40)→[ブナの路]→鞘口峠→山ふる(12:55)
※天候:晴 全域で雪はなく地面も乾燥している。三頭大滝は流れの際のごく一部に氷結を見る程度。沢筋も氷結は少ないが、三頭沢源頭部の流れは完全に氷結。カメバヒキオコシのシモバシラはごく小さいものをいくつか見る程度で今年は少ない。
鞘口沢上部:ここも雪はない 三頭沢下部:氷結はほとんど見ない 三頭沢源頭部:流れは完全に氷結 御堂峠近くの樹林帯:冬木立
三頭山頂:雪はなく地面は乾燥 東面・ブナの路のブナ林:乾いた道 三頭山頂から見る富士山
シモバシラ:ごく小さいものを少し見る ホソエノアザミ:綿毛 オヤマボクチ:花殻 三頭大滝(本日):氷結はごく一部
昨年(2015/01/07):脇は氷結 2年前(2014/01/07):中央は流れる 3年前(2013/01/06):ほぼ全面氷結 4年前(2012/01/07):全面氷結近し
01/09(土) 高水三山 コース:御岳駅(8:55)→[渓谷歩道]→軍畑駅→平溝→高水山→岩茸石山(11:10)→惣岳山→御岳駅(13:15)
※天候:晴 尾根通しの一部で霜柱立ちザクザクの箇所があるが、大半の道は乾いている。晴天の土曜日とあり、今日は人が多い。鳥が見やすい時期だが今年も種類・数とも少ない。尾根通しを主に秋の花の花殻や綿毛を全域で散見する。
平溝集落周辺:ロウバイは花盛り間近 高水山への登山道:今日は人が多い 岩茸石山への尾根通し:冬小立 岩茸石山への尾根通し:霜柱ザクザク
岩茸石山:地面は乾燥、北面展望 山頂から見る日光連山:白くない ジョウビタキ:山麓周辺 エナガ:山麓周辺で群で行動
コウヤボウキ ナガバノコウヤボウキ キッコウハグマ アキノキリンソウ
01/12(火) 檜原浅間嶺 コース:払沢の滝P(9:20)→時坂峠→入沢山→浅間嶺(11:10)→小岩浅間→人里峠→浅間峠→払沢の滝P(12:35)
※天候:粉雪 山麓周辺は小雨、時坂峠周辺から粉雪となる。植林帯を抜け雑木林に出ると地面もうっすら雪が積もる。
払沢の滝への歩道:山麓は雨 払沢の滝:氷結は全く見ない 時坂峠周辺の車道:粉雪降る 尾根筋に出る:地面は薄雪となる
入沢山頂:薄雪 浅間嶺山頂:薄雪 人里峠への尾根通し:薄雪 サラシナショウマ:薄雪が乗る
01/13(水) 大岳山 コース:海沢園地(9:05)→[海沢探勝路]→大岳山(10:40)→ロックガーデン→[裏参道]→大楢峠→海沢園地(13:35)
※天候:晴 山麓周辺を除き全域で新雪は1cm前後。日向は日差しとともに融けたが日陰には残る。氷結は沢筋でも見ない。まだアイスバーンの箇所はないが、大岳山下からロックガーデンにかけての日陰はアイスバーンになりそう。
海沢探勝路大滝上の登山道:薄雪 海沢探勝路大滝上:木々は雪化粧 海沢探勝路中腹の沢筋:道不明瞭 大岳山頂:雪は部分的
大岳山頂から見る富士山:雲が湧出 大岳山下の日陰:薄雪 芥場峠周辺:アイスバーンになりそう ロックガーデン:日陰の木々は雪化粧

【画像をクリックで拡大】
ロックガーデン:日向から雪は融けていく 裏参道:日陰は雪が残る 大楢峠:コナラの大木は倒壊 シモバシラ:ごく小さいものを僅かに見る
01/20(水) 高水三山 コース:軍畑駅(8:30)→平溝→高水山→岩茸石山(10:45)→惣岳山→沢井駅口→[御岳渓谷歩道]→軍畑駅(13:05)
※天候:晴 平溝登山口周辺で10cm位、登るに連れ深くなり伐採地周辺で30cm、尾根筋では40cm位で吹き溜まりは更に深い。植林帯の中は雪は浅くなるが数ヶ所でスギの倒木が道を塞ぐ。踏み跡は少ないが雪が締まり、深く踏み抜く所は少ない。
平溝登山口:雪は10cm位 中腹の伐採地:雪は30cm位になる 伐採地上から見るスカイツリーとビル群 常福院周辺:雪の深い所は30cm強
高水山頂から見る相模湾と江ノ島 岩茸石山への尾根通し:吹溜りあり 岩茸石山頂:雪の深い所は40cm超 岩茸石山頂から見る川苔山周辺
惣岳山頂:雪は30cm、踏み跡なし 沢井駅への道:一部倒木が道に被る ロウバイ:平溝集落周辺雪中に咲く ジョウビタキ♀:山麓周辺
01/21(木) 雲取山 コース:鴨沢(8:25)→堂所→ブナ坂⇔雲取山(12:30)→七ツ石山→七ツ石小屋→鴨沢(15:35)
天候:晴 山麓周辺で10cm位、中腹から雪は増え40-50cm。ブナ坂からの尾根通しでは吹きさらし、吹き溜まりで大きく異なる。中腹まではトレースはしっかりしているが、上部や尾根通しはまだ凸凹が多くアイスバーンはない。七ツ石山先の石尾根は踏み跡なし。

【画像をクリックで拡大】

【画像をクリックで拡大】
鴨沢集落上:雪は10cm位 水場周辺:20cm強、トレースはしっかり 上部急斜面のトラバース:道は凸凹 ブナ坂上の石尾根:雪は30-60cm

【画像をクリックで拡大】

【画像をクリックで拡大】
石尾根最上部:富士を見ながら行く 避難小屋前から見る石尾根 雲取山頂:吹き溜まりはかなり深い 七ツ石山への登り:踏み跡荒く深い
七ツ石山頂から見る雲取山 千本ツツジへの尾根通し:踏跡なし 七ツ石小屋から見る富士山 カシラダカ:下部樹林帯で群で行動
01/23 御岳山 コース:ケーブル滝本駅(12:45)→[表参道]→御岳山(13:35)→大塚山→[丹三郎尾根]→古里駅(15:25)
天候:薄日 表参道登山口周辺で雪は10cm位、御岳山まで登れば30cm位。所により更に多いが神社までの参道は除雪されている。大塚山から丹三郎尾根上部も同じ位。こちらは踏み跡が荒く、所々道は凸凹。植林帯に入れば雪は減る。まだアイスバーンはなし。
ケーブル滝本駅:ケーブルは運休 表参道:道は除雪され地面が見える 御岳神社参道:参道は除雪 ロウバイ:御岳山周辺雪中に咲く
御岳山から見る日ノ出山:山は白い 大塚山頂:雪は30cmくらい 丹三郎尾根上部:30cm、」道は凸凹 丹三郎尾根下部植林帯:雪は減る
01/27(水) 川苔山 コース:川乗橋(8:25)→百尋ノ滝→横ヶ谷→川苔山(11:25)→[鋸尾根]→本仁田山→[花折戸→ゴンザス尾根]→奥多摩駅(14:50)
※天候:晴 雪はは下部では少ない箇所があるが、中腹以上は平均30-40cm。横ヶ谷上部の谷筋は更に深い箇所あり、トレースは拡散。鋸、花折戸、ゴンザス尾根を除き踏まれており大きく踏む抜く所は無く、アイスバーンの箇所もまだない。
百尋ノ滝直上の急斜面:歩行注意 横ヶ谷ノ滝:際が少し氷結している 横ヶ谷上部:50cm位、トレースは拡散 川苔山頂:吹き溜まりで40cm位

【画像をクリックで拡大】
川苔山頂から見る山並み:白い 川苔山頂から見る富士山 鋸尾根:踏跡微か、時折膝下踏抜く 尾根から見る本仁田山:北面は白い
コブタカ山頂:30cm位、踏まれている 本仁田山頂:踏み固められている 花折戸尾根上部:日当りは10cm位 チクマ山頂:ここも10cm位
01/30(土) 御前山 コース:境橋(8:55)→栃寄→[栃寄沢]→御前山(11:40)→惣岳山→メグスリノキの広場→栃寄→境橋(13:25)
※天候:曇・霧 昨晩の雨は山でも雪にはならず新雪はないが、樹木の枝は雨氷でビッシリ。ただ以前の雪が全域で30-40cm残る。栃寄沢と大ブナ尾根はトレースはしっかりしているが、まだ踏み固まってはいない。他のコースは踏み跡が一つ二つで踏み抜きも多い。
栃寄集落先の林道:木々は雨氷 沢中腹の大カツラ:雪は40cm位 栃寄沢上部:雨氷の枝が道に被る 御前山頂:ここも一面の雨氷
惣岳山頂:雪は30cm位 栃寄への下りしなの沢筋:吹溜まり 下部植林帯:トレースはなくなる ルリビタキ:雪の上に出てくる
01/31(日) 三窪周辺の山 コース:柳沢峠(10:15)→柳沢ノ頭→(ハンゼノ頭⇔三窪高原(11:15)⇔藤谷ノ頭)→三窪登山口→柳沢峠(13:25)
※天候:曇時々薄日 コース全域で雪はは30-50cm位、吹き溜まりは更に深い場所あり。木々は粗氷、樹霜が全域でビッシリ着く。ハンゼノ頭まではトレースがあるが先は踏み跡なし。雪は表面のみ締まりスノーシューなら快適に歩けるが、壷足だと膝近くまで沈む。

【画像をクリックで拡大】
柳沢峠登山口:30cm位、トレースあり 柳沢峠から見る南側の山肌 柳沢ノ頭への登山道:粗氷の林 柳沢ノ頭:雪は40cm位

【画像をクリックで拡大】

【画像をクリックで拡大】
ハンゼノ頭直下:一部木段が露出 ハンゼノ頭:トレースはここまで 三窪高原:40cm位、吹き溜りもあり 尾根通しの樹林帯:枝が道に被る

【画像をクリックで拡大】

【画像をクリックで拡大】
尾根通しは開けた場所も多い カラマツに着く粗氷 指導標:ツララが垂れ下がる 藤谷ノ頭:枝が雪面に垂れる

【画像をクリックで拡大】

【画像をクリックで拡大】
三窪登山口近くの樹林帯 三窪登山口の林道:30cm位 陽に照らされる樹霜 ズミの見に着く樹霜


 ----- 季 節 情 報 -----
01/01(金) 奥多摩湖周辺 : 元旦の今日は快晴で湖面は穏やか。
ダムサイド近くから見る初日の出 熱海BS周辺から見る湖面 峰谷橋周辺 留浦の浮き橋周辺
01/04(月) 白丸湖周辺 : 湖の水は抜かれたまま、川となっている。冬枯れで数馬峡歩道からは峡谷が見やすい。
数馬峡橋から見る白丸湖:川となる 橋から見る数馬峡谷:こちらも川 数馬峡歩道から見る峡谷:見やすい バイカツツジ:まだ葉を落としていない
01/08(金) 鳩ノ巣渓谷周辺 : 冬場は渓谷まで日が射し込まず、冬枯れで寒々とした渓谷。
鳩ノ巣小橋から見る渓谷 下流側から見る鳩ノ巣小橋 上流側から見る鳩ノ巣小橋 タマアジサイ:花の跡を点々と見る
01/09(土) 御岳渓谷周辺 : 冬枯れの光景となっているが、日溜まりでは春一番に咲く花を見る。アブラチャンも早い株では数輪開花している。
御岳駅下周辺の渓谷:冬枯れ アブラチャン:早い株では数輪開花 ユキヤナギ:株によりかなり花を付ける オオイヌノフグリ:日溜まりでは花盛り
ホトケノザ:日溜まりで開花 マガモにカルガモ:一緒に行動 シジュウカラ:小群れて行動 ダイサギ:単独
01/13(水) 海沢谷周辺[滝] :海沢三滝に氷結はなく、谷筋でも氷結を見ない。2010年以降の比較で今年が最も氷結が少ない。
海沢谷下部:木々は雪化粧 林道中間付近:周辺はうすうら白い 谷筋のツララの大岩:今年はまだ無い 昨年(2015)同日:ツララの壁
三ツ釜ノ滝:氷結は全く無し 大滝・本日(2016):氷結はほぼ無し (2015/01/13):氷結は20%くらい (2014/01/11):氷結は30%くらい
(2013/01/12):氷結は20%くらい (2012/01/12):氷結は30%くらい (2011/01/12):氷結は20%くらい (2010/01/12):際が微かに氷結
01/18(月) 氷川渓谷周辺(7:30-8:00) : 重い雪、渓谷周辺の積雪は25-30cmでまだ降り続いている。(午後には晴れ間が出、木々は落雪)
桧村橋辺:欄干の積雪は30cm前後 琴浦橋:雪の重みで木がしなる 南氷川周辺:多摩川下流側 昭和橋周辺:多摩川・日原川合流

【画像をクリックで拡大】
弁天橋周辺:多摩川上流側 笹平橋周辺:多摩川下流側 琴浦橋周辺:多摩川上流側 桧村橋周辺:多摩川下流側
01/20(水) 御岳渓谷周辺 : 雪は多い所で10cmくらい、歩道は薄雪、地面の出始めた所もある。

【画像をクリックで拡大】
御岳駅下周辺:雪は多くて10cm 沢井駅した周辺の歩道:薄雪 ダイサギ:浅い流れを歩く カワガラス:岩から岩へ忙しく飛ぶ
01/27(水) 川苔谷 : 細倉橋から百尋ノ滝までの歩道は途中の桟橋が架け替えられ通行可能となっている。百尋ノ滝の氷結度は20%位。
林道入口周辺:谷筋は真っ白 川苔谷林道:道路は除雪されている 林道脇では氷柱を少し見る 川苔谷歩道の桟橋:掛け替えられた

【画像をクリックで拡大】
急斜面のトラバース:踏み跡は凸凹 長滝:流れの際は氷結 歩道脇の無名滝:ここも際のみ氷結 百尋ノ滝:氷結度は20%位
01/29 奥多摩湖周辺 : 湖沿いの南側斜面の山肌では雪はほとんど見えなくなったが北側斜面はまだ真っ白。
湖畔中程:北側斜面(三頭山)を見る 麦山橋周辺:南側斜面を見る 小河内神社前の浮き橋:北側を見る 小河内神社前の浮き橋:南側を見る
01/31(日) 奥多摩湖-多摩川源流域 : 奥多摩湖周辺では高い山肌は白く見える。源流域は木々に粗氷が着く。

【画像をクリックで拡大】
ダムサイド周辺 倉戸口BSから見るダムサイド 湖畔中程 深山橋周辺
丹波山本村先の丹波川(9:40頃) 丹波山本村先の丹波川(14:00頃) ナメ瀞周辺の丹波川(9:40頃) ナメ瀞周辺の丹波川(14:00頃)

【画像をクリックで拡大】
泉水谷入口周辺(9:50頃) 泉水谷入口周辺(13:50頃) 落合周辺の一ノ瀬川 柳沢峠:枝が国道に垂れ下がる
 →・・・2016/01  画像数269枚