------ 2016/04 -----
 ----- 登 山 情 報 -----
04/01(金) 金比羅山 コース:古里・寸庭(10:55)→金比羅山→イワウチワ自生地(11:25)→越沢→鳩ノ巣・坂下→寸庭(12:20)
天候:曇 登山道脇の低木は芽吹きが始まった。ヒカゲツツジは数輪が咲き始め、ミツバツツジは開花が近づいている。イワウチワは花の盛り間近だが、花数が少なく少し寂しい。ハナネコノメの花は最終盤となった。
寸庭登山口:花粉はだいぶ和らいだ 金比羅山頂直下:カエデは芽吹く 越沢:低木は幾分芽吹く ヒカゲツツジ:咲き始め
ミツバツツジ:開花が近づく 昨年同日:まだ2-3輪だが咲き始め 一昨年同日:蕾はまだ固そう 3年前年同日:花の盛り
イワウチワ:花の盛り間近だが寂しい エンレイソウ:花芽が見えてきた ハナネコノメ:下部では花は最終盤 ヨゴレネコノメ:花の盛りの感じ
ヤマエンゴサク:山麓で咲き始め コチャルメルソウ:花の盛りは幾分過ぎ コスミレ:山麓周辺に多い ナガバノスミレサイシン:咲き始め

04/04(月) 秋川-草花丘陵 コース:網代トンネル口(10:40)(⇔雹留山⇔二条城跡)→網代弁天山/長淵→[草花丘陵]→長淵(14:35)(縦2往復)
天候:曇 山麓周辺だけでなく尾根通しでも低木は新緑近くなり、高木も芽吹きが活発になってきた。草花の方が幾分芽吹きは進む。ヤマザクラは尾根通しでアチコチで花を見るようになり、ミツバツツジは花の盛り、ヤマツツジも花数は増えた。スミレはまだ種類は少ない。

草花丘陵:低木は新緑近い 雹留山頂:高木は目抜き前 弁天山登山口:周辺は萌葱色 弁天山頂:ヤマザクラが点々と咲く
長淵登山口周辺:芽吹きは進んだ ヤマザクラ:尾根筋で点々と咲く ミツバツツジ:花の盛り ヤマツツジ:花数は増えた
ウグイスカグラ:尾根筋で多い イロハカエデ:花芽が見えてきた モミジイチゴ:花の盛り間近 チゴユリ:咲き始めた花を見る

【画像をクリックで拡大】
スミレは5種:掲載以外はタチツボのみ。5日前から増えたのはツボくらいで種類はほとんど増えていない。個々の種の数は多い
04/06(水) 大岳山 コース:養沢BS(9:10)→[大岳沢→馬頭刈尾根]→大岳山(12:00)→上高岩山→[サルギ尾根]→養沢BS(14:05)
天候:晴 林道周辺では芽吹き始めているが登山道に入ると低木を含め、まだほとんど芽吹いていない。大岳神社直上は泥濘あり。沢筋ではネコノメソウが点々と咲き残る。スミレは種類はともかく数は増えてきた。大岳沢林道では春に羽化するチョウが出始めた。
大岳沢の大滝:水量多い 大岳沢:まだ芽吹き前で沢は明るい 大岳山頂:芽吹き前、人は少ない 上高岩山から見る高岩山
アブラチャン:沢筋で花が残る ハナネコノメ:花は終盤だが多い ヨゴレネコノメ:花は遅め、こちらも多い ツルネコノメ:花の盛り
ヒトリシズカ:下部で咲き始め ヤマルリソウ:下部で花の盛り イワウチワ:下部は盛り、上部は蕾 ヤマエンゴサク:沢筋で花の盛り
スミレは掲載以外2種:まだ種類は多くないが、日向面を主に数は増えてきた
チョウは掲載した他ルリタテハ、キチョウを見る:林道周辺スギタニルリとルリは出始め、数も多い。テングとヒオドシは成虫越冬だがこちらも数は多い
04/07(木) 岩茸石山 平溝(9:15)⇔高水山⇔岩茸石山(10:35)→[高水山北面巻道→平溝(12:10)
天候:雨(時折強雨) 昨夜からの雨で登山道はアチコチで水溜まりや小さな水流ができている。高水山への赤土の所は滑りやすい。登山口周辺ではヤマザクラが咲き始め、山頂脇のアカヤシオは花の盛り間近、ミツバツツジは咲き始めた。スミレの種類はまだ少ない。

【画像をクリックで拡大】
平溝登山口:ヤマザクラが咲き始め 高水山頂:雨で泥濘 岩茸石山への尾根通し:水溜りあり 岩茸石山頂:雲の流れが速い
アカヤシオ:花の盛り間近 ミツバツツジ:尾根筋で咲き始め アブラチャン:尾根筋でまだ咲き残る クロモジ:開花寸前
ハナネコノメ:花は終盤 ヨゴレネコノメ:花はやや遅め イワウチワ:花の盛り カントウミヤマカタバミ:多いが閉じたまま
カタクリ:高水山周辺で蕾 スミレは掲載した4種のみ:掲載以外でタチツボは圧倒的に多いが、種類はまだ少ない。
04/10(月) 日の出山 コース:白岩滝BS(9:20)→白岩ノ滝→麻生山(⇔タルクボノ峰⇔白岩山)→日の出山(12:40)→顎掛岩→三ツ沢(13:55)
天候:曇 下部沢筋では木々h芽吹き始め、タルクボノ峰付近までは低木も芽吹く。日の出山頂周辺はまだ芽吹き前。ヤマザクラは下部で満開、尾根筋でも点々と咲き始め。花はスミレが中心となり尾根筋での遅咲きを含めほぼ咲き揃った感じ。
白岩ノ滝(総称):周囲は芽吹く 下部から見る山肌:ヤマザクラ咲く タルクボの峰:低木はは芽吹く 日の出山頂:日曜で人は多い
ミツバツツジ゙:下部は花の盛り トウゴクサバノオ:沢筋で群れ咲く ヤマルリソウ:下部に多い ミヤマセセリ:出たてで羽がきれい

【画像をクリックで拡大】
スミレは13種:アケボノとフモトは尾根筋で咲き始め、アオイは下部で終盤、他は花の盛り
04/11(火) 御前山 コース:境橋(8:15)→栃寄沢→御前山(10:45)→惣岳山(⇔ソーヤの丸デッコ)→[しだくらの道]→栃寄→境橋(12:50)
天候:曇後晴 栃寄林道周辺は芽吹いているが登山道に入るとまだ芽吹いていない。栃寄沢の枝沢最上部ではまだ残雪を見る。カタクリはしだくらの道の中腹周辺で花の盛り、尾根筋はまだほとんど蕾。ネコノメソウは沢中腹まで、スミレはまだ山麓周辺が中心。
栃寄林道下部:芽吹きが本格化 栃寄沢枝沢上部:まだ残雪を見る 御前山頂:冬木立、土は乾いている ソーヤの丸デッコから見る山肌:芽吹前

【画像をクリックで拡大】
カツラ:山麓周辺は新葉、中腹の大カツラは花の盛り、上部は開花前 アブラチャン:沢中腹で花の盛り ヤマネコヤナギ:尾根筋で花の盛り
ハナネコノメ:沢中腹で花の盛り コガネネコノメ:沢筋で咲き始め ヨゴレネコノメ:沢筋で咲き始め ツルネコノメ:沢中腹で花の盛り
カタクリ:中腹は花盛り、尾根筋は蕾 エンレイソウ:沢筋で咲き始め ミヤマエンレイソウ:沢筋で咲き始め アズマイチゲ:中腹まで蕾
フタバアオイ:沢筋で開花間近 ハシリドコロ:花盛りから芽吹まで様々 スミレは5種:まだ山麓周辺が中心 ヒオドシチョウ:越冬で羽はボロボロ
04/13(水) 秋川丘陵 コース:網代トンネル口(14:05)(⇔雹留山⇔二条城跡)→網代→網代弁天山→網代(16:10)
天候:曇時々晴 全域で高木も芽吹きが始まり淡い新緑となりつつあり、低木はすっかり新緑となってきた。ヤマザクラは尾根通しで花はそろそろ終盤、道には散った花びらを見る、ミツバツツジは花の盛り、ヤマツツジも花の盛り間近。

【画像をクリックで拡大】
尾根通し:ヤマザクラの花は終盤 雹留山:高木は芽吹き低木は新緑 弁天山登山口:ツツジとサクラ咲く 弁天山頂:ミツバツツジが花の盛り

【画像をクリックで拡大】
尾根通しから見る山肌:淡い新緑 ヤマツツジ:花の盛り間近 アオキ:花の盛り オトコヨウゾメ:咲き始め
チゴユリ:咲き始め スミレは4種:早咲きのスミレは終盤、遅咲きのツボも点々と花を見る ミヤマセセリ:まだ羽化したての感じ
04/14(木) 金比羅山-上高岩山 コース:寸庭(9:30)→金比羅山→大塚山→ロックガーデン→上高岩山(13:05)→芥場峠→御岳山→寸庭(16:10)
天候:小雨後曇 雨で鉄五郎新道や上高岩山への急登は滑りやすい。下部までは低木は新緑近くなり、尾根筋でも低木は芽吹く。ヒカゲツツジは花幾分遅め、ミツバツツジは花の盛り。イワウチワは金比羅山周辺は終わり鉄五郎中腹で盛り、上高岩山周辺は咲き始め。
金比羅山から見る越沢:新緑近し 金比羅山イワウチワ自生地:花は終了 大塚山頂:まだ芽吹いていない ロックガーデン:低木は芽吹く
カツラ:ロックガーデン周辺花の盛り キブシ:御岳山周辺花の盛り アブラチャン:上部ではまだ花を見る ヒカゲツツジ:花は幾分盛り過ぎ
ミツバツツジ:アチコチで花の盛り ミヤマシキミ:花の盛り カタクリ:花盛りだが悪天で開かない イワウチワ:上高岩山周辺咲き始め
ハナネコノメ:ロックガーデン周辺花は残る ヨゴレネコノメ:ロックガーデン周辺花は多い ツルネコノメ:こちらもロックガーデン周辺 コチャルメルソウ:ロックガーデンで花は終盤
ヤマエンゴサク:山麓周辺花の盛り エンレイソウ:咲き始め スミレは7種:ナガバはアチコチで多い。アオイとヒナは上部でも花は終盤。
04/18(月) 高水三山 コース:御岳駅(8:00)→[渓谷歩道]→軍畑駅→平溝→高水山→岩茸石山(10:45)→惣岳山→御岳駅(12:20)
天候:晴 山麓周辺は新緑の感じ、尾根通しでも低木は新緑近く高木も淡く芽吹いてきた。ヤマザクラは中腹〜尾根筋で花の盛り。アカヤシオは岩茸石山頂周辺で終盤、ミツバツツジは尾根通し花の盛り。スミレは花数、種類もが増えてきたが今年は幾分遅い感じ。
平溝登山口:新緑の感じ 高水山頂:ヤマザクラが花の盛り 岩茸石山への尾根通し:芽吹き 岩茸石山頂:ミツバツツジが花の盛り
岩茸石山頂から見る高水山:芽吹き 惣岳山手前から高水山を見る アカヤシオ:花は終盤 カタクリ:高水山周辺で咲き残り
イワウチワ:惣岳山周辺で咲き残り トウゴクサバノオ:咲き始め カントウミヤマカタバミ:多いが花は終盤 ヒトリシズカ:咲き始め
スミレは逸出を含めて13種:山麓周辺では遅咲きのスミレを見るようになったが、尾根筋ではまだこれから咲く種もあり今年は咲き出しが幾分遅い。
04/19(火) 槙寄山 コース:仲の平BS(10:30)→槙寄山(11:50)→[笹尾根]→大羽根山→浅間嶺入口BS(13:55) /小河内峠-月夜見山
天候:晴時々曇 山麓周辺は新緑、下部も淡い新緑。登るに連れ芽吹きは浅くな笹尾根は低木の芽吹きが始まったばかり。笹尾根の尾根通しはマメザクラが点々と花の盛り。ミツバツツジは咲き始め。尾根筋ではスミレは少なくまだこれからの感じ。
月夜見第2P登山口:ごく浅い芽吹き 小河内峠周辺:低木は芽吹く 月夜見山頂:芽吹き前 ハウチワカエデ:尾根筋で開花間近
仲ノ平登山道中腹:低木は新緑 槇寄山頂:まだ芽吹き前 笹尾根:芽吹きにマメザクラが花盛り 大羽根山頂周辺:ごく浅い芽吹き

【画像をクリックで拡大】
ミツバツツジ:尾根筋で咲き始め マメザクラ:尾根筋で花の盛り クロモジ:下部で花の盛り カタクリ:下部伐採地で花の盛り
フデリンドウ:日溜まりで咲き始め ヒトリシズカ:咲き始めから花盛りまで ミヤマエンレイソウ:咲き始め フタバアオイ:上部沢筋で咲き始め
スミレは10種、山麓周辺では遅咲きのスミレが咲き始め、尾根筋ではまだ早咲きのスミレが咲き始めから花盛り。尾根筋ではスミレは少ない。
04/21(木) 鹿倉山 コース:留浦浮橋(8:35)→[湖岸歩道]→深山橋登山口→大寺山→鴨沢分岐⇔鹿倉山(10:30)→鴨沢(12:05)
天候:曇 湖畔はから下部にかけては新緑、中腹は芽吹き、大寺山〜鹿倉山の尾根通しはまだほとんど芽吹いていない。鴨沢への下山道のトラバースは落ち葉溜まりとなり道が隠される。林下に咲く花は少なく、ヒトリシズカとスミレを僅かに見る程度。
大寺山登山道入口周辺:新緑 大寺山:奥多摩湖方面は切り開き 大寺山頂:まだ芽吹いていない 鴨沢への急斜面:落葉で道は隠れる
ダンコウバイ:尾根筋でまだ花を見る ヤマザクラ:中腹周辺花の盛り ミツバツツジ:尾根筋で花の盛り ヤマツツジ:中腹周辺で咲き始め
ヒトリシズカ:上部で咲き始め スミレは6種:コース全域で花そのものが少なく、スミレも時折見る程度
04/22(金) 川苔山 コース:真名井橋(8:20)→[真名井北稜]→川苔山(11:15)→踊平→獅子口→[大丹波川沿い]→真名井橋(14:45)
天候:晴 北稜下部や大丹波川沿いは新緑になりつつある。中腹より上は低木は芽吹いている。尾根筋は低木を含め芽吹き前。ミツバツツジは中腹周辺で花の盛り。アカヤシオは大丹波川沿いはほぼ落花、北稜中腹〜上部で花の盛り。尾根筋は咲き始め。
北稜下部伐採地:対岸は新緑 川苔山頂:冬木立のまま 踊平への尾根通し:芽吹前で明るい 大丹波川沿い:淡い新緑

【画像をクリックで拡大】
ヤマザクラ:北稜中腹で花の盛り アブラチャン:尾根で花盛り(鳥はヒガラ) アカヤシオ:上部は盛り、尾根は始め ミツバツツジ:中腹周辺で花の盛り
ハウチワカエデ:中腹周辺咲き始め カジカエデ:中腹周辺で開花間近 アサノハカエデ:尾根で咲き始め チドリノキ:大丹波川沿いで咲き始め
イタヤカエデ:林道周辺花の盛り フデリンドウ:尾根筋で咲き始め センボンヤリ:尾根筋で咲き始め ニリンソウ:川沿いで花の盛り間近
ヒトリシズカ:川沿いで花の盛り ミヤマエンレイソウ:川沿いで咲き始め フタバアオイ:川沿いで花の盛り ミツバコンロンソウ:川沿いで咲き始め

【画像をクリックで拡大】
ネコノメソウは掲載したハナネコ、イワネコ、ニッコウ、コガネの他、ツルネコ、ヤマネコ、の6種
スミレは9種、大丹波川沿いでは早咲きのヒナと遅咲きのシコク(花の盛りで多い)が同時に見られる。エイザンは夏葉を点々と見るようになった。
04/23(土) 三ツドッケ コース:東日原(8:20)→倉沢橋→[林道→都県境尾根]→三ツドッケ(11:30)→ハナド岩→滝入ノ峰→東日原(14:35)
天候:曇 林道や下部までは新緑。登るに連れ緑は浅くなり上部はまだ低木の一部が芽吹いたばかり。都県境尾根はまだ芽吹き前。尾根筋でオオヤマザクラとミツバツツジが咲き始め、中腹周辺ではミツバは花盛り、林下で咲く花はスミレくらいだが今年は少ない。
倉沢林道:新緑の中を行く 都県境尾根:芽吹き前 三ツドッケ山頂:山肌は芽吹き前 ハナド岩から日原の谷筋を見る

【画像をクリックで拡大】
ミツバツツジ:滝入ノ峰付近、上部は冬枯れの中、中腹は芽吹きの中を咲く アカヤシオ:ハナド岩周辺まだ蕾 オオヤマザクラ:冬木立の中で咲く
スミレは9種。花数はこの時期としては少ない。
ニッコウネコノメ:下部沢筋 イワネコノメ:尾根筋の窪み ルリビタキ♂♀:都県境尾根に♂♀が近い距離で行動
04/26(火) 牛ノ寝通り コース:小菅の湯(8:40)→大ダワ→大マテイ山→鶴寝山→奈良倉山(12:20)→[北面]→松姫峠→大トチ→小菅の湯(14:10)
天候:晴 下部沢筋は新緑、大ダワ周辺では浅い芽吹き、牛ノ寝通りの尾根通しも低木は淡い緑となり高木も芽吹き始めた。尾根通しではオオヤマザクラ、奈良倉林道ではマメザクラが花の盛り。ハウチワカエデやカジカエデも咲き始めた。鳥も夏鳥が出揃った感じ。
下部沢筋の林:新緑となる 大マテイ山頂:芽吹き始めたばかり 牛ノ寝通り:低木は淡い緑 鶴寝山頂:霞ながら富士山が見える

【画像をクリックで拡大】
奈良倉山頂:芽吹いていない 大トチ周辺:淡い新緑となる オオヤマザクラ:尾根筋で花の盛り マメザクラ:尾根筋で花の盛り
ミツバツツジ:尾根筋で花の盛り チドリノキ:中腹沢筋で咲き始め ハウチワカエデ:中腹周辺で咲き始め カジカエデ:尾根筋で咲き始め
コチャルメルソウ;沢筋で咲き残る フデリンドウ:尾根筋で咲き始め ワチガイソウ:尾根筋で咲き始め センボンヤリ:尾根筋で花の盛り
スミレは11種。下部沢筋では遅咲きのスミレのみとなり、尾根筋で一部を除き、ほぼ一斉に咲く。
オオルリ:沢筋の高い梢で囀る キビタキ:こちらは尾根の樹林帯 アカゲラ:単独行動のようだ ミソサザイ:巣の近くで警戒の鳴き方
ヒガラ、ヤマガラ、シジュウカラは混成で小さな群を作り行動している。 コツバメ:林道周辺で出始め

 ----- 季 節 情 報 -----
04/01(金) 氷川渓谷周辺 :渓谷沿いではヤマザクラが花の盛り間近となり、惣岳渓谷周辺ではミツバツツジやヤマブキが点々と咲き始めた。
日原川末端:僅かに芽吹きが始まった アブラチャン:花は終わり葉が芽吹く カツラ:花は終盤 昨年同日:花は終わり葉が芽吹く
ヤマザクラ:花の盛り間近 昨年同日:花の盛り 一昨年同日:葉が開き始めたばかり 3年前同日:花の盛りはやや過ぎ
4年以前(同じ日)の同一木のヤマザクラの変化 (画像は左から2012、2011、2010、2009の順)
---------- 惣岳渓谷周辺 ----------

【画像をクリックで拡大】
西久保付近の渓谷:幾分芽吹く 道所橋周辺:ヤマザクラは花盛り間近 しだくら橋周辺:まだ冬枯れ ダンコウバイ:咲き残り
アブラチャン:木によってはまだ花の盛り チョウジザクラ:花は終盤 ミツバツツジ:咲き始め ヤマブキ:咲き始め

04/04(月) 御岳渓谷周辺 : 渓谷沿いのソメイヨシノの蕾の先が赤みを帯びてきた。アブラチャンは花の盛りから新葉が開き始めた木も見る。

御岳駅下周辺の渓谷:淡い芽吹き 渓谷沿いの歩道:ソメイヨシノは花盛り アブラチャン:北面ではまだ残り花あり イロハカエデ:花芽が見えてきた
ヤマブキ:アチコチで咲き始め ニリンソウ:花の盛り間近 ヤマエンゴサク:咲き始め ヒカゲスミレ:咲き始め
04/06(水) 白丸湖周辺 :木々は芽吹き始め、ヤマザクラは日当たりで咲き始めミツバツツジが花の盛り間近となった。スミレも点々と咲く。
白丸湖堰堤周辺の山肌:芽吹く 数馬峡橋から見る峡谷 ヤマザクラ:日当たりでは咲き始め ミツバツツジ:花の盛り間近
スミレは掲載したほかアオイ、タチツボの5種類:タチツボ、ナガバ、ヒナは多い。 オシドリ:番で行動
04/11(火) 惣岳渓谷周辺 :渓谷周辺では木々の葉は芽吹きの真っ最中。境のイロハカエデも葉が展開し始め、花も咲き始めた。

【画像をクリックで拡大】

【画像をクリックで拡大】
西久保付近の旧道:芽吹きの最中 道所橋多摩川上流側:ヤマザクラ咲く 梅久保集落周辺の対岸の山肌 しだくら橋多摩川下流側:淡い芽吹き
道所橋多摩川上流側:ヤマザクラ咲く イタヤカエデ:開花寸前 キブシ:残花に葉が展開 ダンコウバイ:残花に葉が展開
西久保付近の渓谷:芽吹きの最中 道所橋周辺:ヤマザクラは淡い葉桜 境のイロハカエデ:咲き始め 道所橋のヤマザクラ:淡い葉桜
---------- 2015〜2011の同日・同所 ----------
(2015/04/11):萌葱色に近づく (2015/04/11):ヤマザクラは葉桜 (2015/04/11):葉は展開、咲き始め (2015/04/11):葉桜
(2014/04/11):芽吹き始めた (2014/04/11):ヤマザクラは終盤 (2014/04/11):葉が展開し始めた (2014/04/11):花は終盤
(2013/04/11):萌葱色になる (2013/04/11):ここも萌葱色になる (2013/04/11):葉は完全に展開 (2013/04/11):花は終わり葉桜
(2012/04/11):まだ芽吹き前 (2012/04/11):ヤマザクラが咲き始め (2012/04/11):葉が開き始めたばかり (2012/04/11):チラホラ咲き始め
(2011/04/11):芽吹きの始まり (2011/04/11):ヤマザクラが花の盛り (2011/04/11):花芽も膨らんでいる (2011/04/11)):花の盛り
04/12(火) 奥多摩湖周辺 : ダムサイド脇の湖畔歩道のソメイヨシノは下段周辺が咲き始め。湖畔の木々はまだほとんど芽吹いていない。
湖畔歩道:下段ソメイヨシノは咲き始め 熱海BS周辺の対岸:芽吹き前 湖畔中程:手前の低木は芽吹く 小河内神社前の浮き橋周辺
04/14(木) 白丸湖周辺 :木々は芽吹きは本格化し新緑が近くなってきた。峡谷や周辺の山肌ではヤマザクラが花の盛り。

【画像をクリックで拡大】
堰堤対岸の山肌:ヤマザクラが花盛り 数馬峡橋から湖面:周辺は新緑近し 数馬峡橋から見る峡谷:ヤマザクラ咲く 数馬峡橋:近い新緑にヤマザクラ咲く
04/16(土) 奥多摩湖周辺 : ダムサイド脇の湖畔歩道のソメイヨシノは花の盛りの感じとなった。湖畔の木々も芽吹き始めた。

【画像をクリックで拡大】
湖畔歩道:ソメイヨシノは花の盛りの感じ 国道から湖畔歩道斜面を見る 湖畔中程:木々は芽吹く 小河内神社前の浮き橋周辺
04/18(月) 御岳渓谷周辺 : 渓谷沿いのソメイヨシノの花は終わり新緑の装いとなって来つつある。歩道沿いではヒメウツギが咲き始めた。
御岳駅下周辺の渓谷:新緑の装い 渓谷沿いでヤマザクラはまだ花が残る ヒメウツギ:咲き始め コクサギ:咲き始め
スミレは掲載した他、タチツボを見る。アリアケは咲き始め。タチツボは相変わらず多い。他は終盤 スジグロシロチョウ:多い
04/19(火) 白丸湖周辺 :湖周辺は新緑となりつつありヤマザクラの花は終わった。コバノトネリコが咲き始め。
堰堤対岸の山肌:淡い新緑 数馬峡橋から湖面:周辺は新緑 数馬峡橋から見る峡谷:ここも新緑 コバノトネリコ:咲き始め
04/21(木) 奥多摩湖周辺 : 湖畔周辺の木々の芽吹きは盛んになり、緑がはっきりしてきた。新緑になるのも近い感じ。
湖畔歩道:新緑にサクラは咲き残る 湖畔中程:緑がはっきりしてきた 小河内神社前の浮き橋周辺 スミレは遅咲き種を点々と見る
04/23(土) 日原{林道}周辺 :日原周辺はまだ幾分淡いながら新緑となってきた。周辺ではウワミズザクラが咲き始め。

【画像をクリックで拡大】
集落入口手前の日原川:新緑近し 稲村岩周辺:下部は新緑 小川谷橋周辺:淡い新緑 ウワミズザクラ:咲き始め
04/26(火) 奥多摩湖周辺 : 湖畔周辺は新緑になりつつある。高度を上げるに連れ緑は浅くなる。

【画像をクリックで拡大】
湖畔歩道:サクラは葉桜になった 熱海BS周辺の対岸:湖畔脇は新緑 湖畔中程 小河内神社前の浮き橋周辺
 →・・・2016/04  画像数---枚